「僕は”トランプ”(大統領)は症状(Symptom)だと思っている」グローバルギャザリング小噺①

「僕は”トランプ”(大統領)は症状(Symptom)だと思っている」

気づいたらもう7月で、帰って来てから1ヵ月過ぎていた。そんなSG広報チーム野崎安澄です。

これから徒然なるままに、グローバルギャザリングで感じたことなどを、載せていきたいと思います。

アメリカに言ってみると、当たりまえですが、私たち以上に彼らにとってトランプ大統領は緊急・重要課題でした。 会話の中にも出て来るし、とても複雑な感情をみんなが感じていることを、そこここで感じました。

そしてWill Grantさんという最後のスピーカーに対して参加者の1人が、

「トランプのことをどう考えればよのか、どう向き合っていけばいいのか?」

と質問をし、Willが言ったのが、この一言。

「僕は”トランプ”は症状(Symptom)だと思っている」

けっこうこの一言が、私にとっては大きなリフレーミングのきっかけになりました。

そうなんですよね。 トランプは症状なんですよね。

そして、私たちが目にしている他の人・事件・事象も、全ては症状。

風邪の症状(咳や鼻水)に対して文句を言ったり、対処したり、治療をしても、根本的な治癒にはつながらない。

それと同じように、症状であるトランプやその他のこと(笑)に反応して、そこに気を取られるのではなく、 その症状を生み出している元を見ていくのが大切。

同じ様なことを何度も読んだり聞いたりしていたはずなのに、 このやりとりが、私の大きな「リフレーミング」の引き金になりました。(もう後戻りしないタイプのやつ)

そうとらえてみると、本当に色々な”事”が違って見えてきます。 大抵の事は”症状”なんだよね、と。

そして、自分のことも・・・なんだか症状に思えてきましたww

36回の閲覧

© 2016 by Seven Generations. Proudly created with Wix.com