ポップコーンコラム2020年5月分

【ポップコーンコラム 5月1日号】

みなさん、こんばんは。

共同代表の桑原康平です。

5月1日はメーデー(May Day)、社会的な公正さのために労働者が立ち上がったことを記念した日です。

1886年5月1日に低賃金、長時間労働に対してアメリカの労働者がゼネラルストライキを行ったことがきっかけになり、1890年5月1日には第1回国際メーデーが開催されました。

そして今年は、1920年5月2日に東京・上野公園で第1回メーデーが開かれて、日本で100年の節目です。

前回4/24のポップコーンコラムでのNPO法人セブン・ジェネレーションズ理事チームからの「最近の理事チーム通信」的お手紙、4/28の「大事なお知らせ」でもお知らせしたように、理事チームではバックオフィス業務の労働環境について考え始めています。

そして、SGコミュニティのみなさんとともにバックオフィス業務について考えるために、試案の準備と、さらにその準備としてアンケートの準備をしています。この試案やアンケートをきっかけとして、みなさんとともに今後のNPO法人の方針を決められたらと考えています。

また、思案するための素材としては、事業計画のために準備している予算案も準備中です。

SGコミュニティの文化を今後どのように培っていくのか、SGコミュニティの中の法人をどのような形にし、活かしていくのかを一緒に考えて行きましょう。

ちなみに、理事チームとしては、バックオフィス業務に加え、引き続き、理事チームのチームビルディング、10年後のコミュニティのあり方とビジョン、今年度の事業計画、今後の各事業の連携、法人としての組織形態についても進めていきます。

では、ゴールデンウィーク明けのアンケートをお楽しみに!

(つづく)

【ポップコーンコラム 2020/5/4】

⭕オンライントーク企画のお知らせ と

⭕手廻し自家焙煎珈琲のギフトプロジェクト!

  情報求む!

高知のりんちゃんこと、山本倫です。

私事での投稿になりますが。

こういう時期に、なにかできないかなぁと思い、たまたまたけさん(赤塚 丈彦さん)とわたしのパートナー、リンダと三人で話しているなかで

こんな企画が生まれました。

対話とはほんとふしぎです。

ご参加やお力添えいただけるとうれしいです💓

⭕企画①

民宿たかはまオンライントークルーム!

明日から開催!

自粛期間でも、

海と山にかこまれて、

本当に豊かな時間を

過ごさせてもらっている私たち夫婦。

また防災に力を入れていた町だからこそ

町長はじめ行政のコロナへの対応の

迅速さ、リーダーシップに

この町に暮らしていることを

改めて本当に誇らしく、

嬉しく思っている今日このごろ。

とはいえ、

大変な状況にあるかた、

繋がりを求めているかた、

不安や恐れがぬぐえないかた、

逆にポジティブになりすぎているかた、

オンラインで

普段たくさんのお客様と宿を通して

接しているわたしたち夫婦だからできること。

人とのコミュニケーション。

話を聴くこと。

自然のエネルギーをお届けすることなど

少しでも

げんきになったり、

ほっとしたり、

前向きにともにつながりながら

今このときを、歩んでいけたら。

そんな気持ちで企画しました。

無料!オンライン de 民宿たかはま*りんりん夫婦presentsトークルームご予約承ります!

⭕企画②

 手廻し自家焙煎珈琲のギフトプロジェクト!

 情報求む!

わたしのパートナーは、

手廻し自家焙煎珈琲をつくってます。

原点は「おばあちゃん」に淹れてもらった珈琲。そのほっとする味、空間、おばあちゃんの存在が彼の珈琲の原点。

そんな彼だからこそ、

今大変な状況にある方々に

ほっとする時間を、

おいしい珈琲を飲むひとときを

届けたい。

わたしたちの暮らす町では

これから人のつながりから

配布がスタートします。

SGのみなさんのつながりからも、

もし「あの人たちに!」と思いあたる

人、団体など、もしご存じでしたら

わたしたちと繋いでくださいませんでしょうか?

または、今大変な状況にあるかた、

わたしたちの趣旨に沿う方がいましたら、

情報をお待ちしてます。

【ポップコーンコラム5月15日号】

いつも明るく楽しそうにしているなぁと思われていますが、そうは言っても悩むときもあるんです。人間だものw

月1回のコーチングをSGコミュニティの 木村 史子さんにもう5年?くらい受けているのですが(SGコミュに入るだいぶ前からのお付き合い)、

今月のテーマとして浮かび上がって来たのが、自身のリーダーシップのあり方に対する問いでした。

いやいや、この悩みと迷いは、別に月1回でなくて、常にあります。

自身のリーダーシップのあり方が、果たしてSGにとってベストなのだろうか?

それとももっと違う形のリーダーシップのあり方も、出していく必要があるのか?

葛藤があるわけです。

ちなみに私のリーダーシップのロールモデルは”マンガ キングダムの信”。

とにかく飛矢のようにまっすぐで先頭に立つ、旗を立てる、振る、士気を上げる、元気を引き出す

このあり方が自分にとっても得意だし、利き手でもあるわけです。

コーチから、

「じゃあ他の人にどんなリーダーシップのあり方があるの?」

という問いに、思い浮かぶ人たちの名前をあげて答えていきました。

  • ありのまま「誰か助けてくれませんか」と出せる。それが世界のためになる。

  • 長い時間感覚の目で世界を捉える。

  • 芯を握っていて、社会的公正からずれると普段は穏やかなのに青い火を出して怒る

  • やさしい お父さん的存在 絶対話を聞いてくれる 

  • 安心安全 大きくホールドする 

  • 裏仕事も一生懸命やる

  • 静かにコツコツ実現する 細かい配慮 感受性 

  • こうと思ったらこう 嘘も本当にする 周りのアドバイスを聞かない 独裁的な(←これはトランプねw)

  • あっけらかん 視野が深い 多様性を歓迎する 誰も置いてきぼりにしない 素晴らしい配慮 

  • 実現したいことのために気軽に動く

などなど、たくさん出てきました。

それに対してコーチから

「それぞれのエッセンスをあずみちゃんが取り入れることでSGにもたらされる可能性は?」

と問いがあり、また私は考え、話し始めました。

士気があがる 突破する ゆったり 結果を焦らない スピードアップ パワー 安心できる ホーム感 安心感 集中する コツコツ そういう風に貢献できるんだ!シングルイシューで貢献できるこれならできる 置いてきぼりがない��

でもここまで出してみて、突如ハタっと気づきました。

雷に打たれたように。

「もうこれらすべてのエッセンスがSGコミュニティには十分にあり、

その人それぞれのリーダーシップのあり方として実践されているじゃないか」

と。

そう感じた瞬間、涙が溢れていました。(←よく泣くからあまりコーチも気にしてない)

本当に幸せだなーって。なんてありがたいことなんだ!

すべての人がリーダーであり、それぞれのあり方が鮮やかに映し出される場がある。

もうすでに十分あるじゃないかー!

と。

でも私の涙の奥にある願いは、その鮮やかさ美しさ一つ一つが、もっとみんなに鮮明に見えたらいいのに、

と言うことなんだとも気づきました。�

(もちろん私の姿見えんでもええわって人もいるんだと思いますが)

とりあえず、結論としては、

他のリーダーシップ全ての要素が自分の中にあることも感じながら、

今後も変わらず私は”キングダムの信”的にやっていく!ことにしました笑。

たまには他のエッセンスも出していきながら・・・。

© 2016 by Seven Generations. Proudly created with Wix.com