福島訪問レポート

今回は奥川美也子さん(みや)から福島県浪江町を訪れたときの写真とメッセージレポートが届いています。

 

 

 

みやは、以前に紹介した木越省吾さんと同じく『福島ラーニングジャーニー』の運営メンバーとして、長年福島に関わり続けていらっしゃいます。

 

以下、みやからの福島訪問レポートをお読みください。

 

 

 

 

『浪江』

 

わたしはここに行きたくなる

なにがそうさせるのかはわからない
見えてくるのは広がる大地と遮るものがない空

 

ここにはなにもないのだろうか
なにもかもなくなってしまったのだろうか

わたしはここに引き寄せられる
行きたくなるのだ

 

度々訪れるこの地
数年前に訪れたときには
痛みや苦しさ、無言の空間から
昇華されずにただただ止まった時を
体には重く届くものがあった


今回訪れた浪江は何か違っていた
海側には防波堤建設が進められ、
廃棄物処理施設に砂ぼこりをたて
トラックが行き交う風景

見えるものの景色の変化はそう大きくは
感じなかったが、体に届くのは

以前の重い感覚ではなく
しんと静まりかえる寺院や神社の中に
いるような、静かなときを感じた。
 

 

わたしはそこに引き寄せられる

そこになにかがあるからだ

 

こたえを知る必要はなく

動き続ければなにかが観えてくるだろう

 

ここはあなたが今生きる時を

共に過ごしている地

あなたに何を語りかけているだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tags: