広島原爆投下の日に寄せてVol.1

August 6, 2018

広島市外から、原爆投下の日8月6日の前日に広島を訪れた土屋志帆さんから、

こんな感想が届いています。

ご本人の許可を得て、シェアさせていただきます。

 

 2018.8.5.
明日は戦後73年の原爆記念日。

世界中から平和を願う人が
ここ広島にやってきています。

 

鎮魂

 

強すぎる痛みと苦しみと嘆きは
強い強い願いに通じるから。
命をまっとうするということとは何か。
まっとうできなかった命を鎮魂する。


そして、
誰が何を言おうと表現していこう。
違いに耳を傾けていこう。

 

数日前に直島で出会ったアートに(撮影不可)
LITTLE BOYという禁じられた箱を開け
きのこ雲の写真が描かれた薄い布の上に
日本国憲法の第9条が書かれたものがありました。

 

アートが自由に表現できる世界には平和がある。
平和はお花畑なんかじゃなくて
平和は強い意志と行動で創るもの。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事