ポップコーンコラム 2019年7月分(その1)

July 20, 2019

【ポップコーン・コラム 7/14号】

おひさしぶりのポップコーンコラムをブラーマ・クマリスさんの Mizue Honda さんが書いてくださいました!(代筆させていただきます)

 

【意識が世界を創る?】
まず、この動画をご覧ください。
https://drive.google.com/file/d/1vvk8paVinnWm638PaF2TNl0LDKmYcryq/view

 

【元の木阿弥
“アウェアネスを変えない限り、環境問題は解決しない”】

 

「企業に地球環境について説明にいき、皆さん大いに盛り上がり計画をたてます。どの程度進行したかを聞こうと1週間後に電話すると、おじさんたちの情熱がすっかり冷めている。この現象こそが、環境問題解決上のモンダイなのです。」
大和総研 研究主幹の河口真理子氏は語ります。

 

河口さんの人となり(BK作成)
 https://youtu.be/Pau1uBxEm0I


【分かっちゃいるけど、やめられない~その背景は?】
意思決定をするのは誰?:
人間の意思決定は95%が潜在意識に従っていると言われています。つまり、理性で理解したことに基づく行動は「わかっちゃいるけど、やめられない(行動を変える力にはならない)」ので、長続きしません。「環境破壊につながるライフスタイルを変えなくてはいけない」、それはわかる、でも。。。。。
理由はいくらでもあり、それに耳を傾けているうちに決意がさめてしまいます。
決意を維持する力は、どこからやってくるのでしょうか。

 

潜在意識に働きかける:
この10年脳科学の発達によって、ヨガや瞑想によって「新たな習慣形成(神経細胞のつながり方が新しくなる)、つまり潜在意識を変革することが可能」ということが、量子力学をはじめ、目に見えるかたちでも科学的に証明されるようになってきました。

 

\\7月15日、目黒パーシモンホールで、3人のスピーカーがそれぞれの立場から意識と気候変動の関係を紐解きます。//
企業や政府のとりくみ、気候変動に関する国際会議での裏話、など、めったに聞けない話が聞かれるかもしれません。お見逃しなく!

 

7月15日「わたしの生き方×地球環境」イベントページ
 http://cleangreen.bkjapan.org/
 
【 榎本 英剛さん】
よく生きる研究所
 http://www.yokuikiru.jp/


榎本さんがご自身を語る