“Seven Knot”新ファシリテーターの自己紹介!

July 29, 2019

【Seven Knotの由来】

私たち7人の仲間一人一人が結び目のハブであり、そのハブは立体的に繋がっていて、7つののエネルギーでバランス良く調和して広がっていく!
そしてその ハブもその一つ一つが無限の可能性を秘めた大きな一つの命であり無限の命に繋がる。
Seven Knotは分かち合い輝く無限の命であり宇宙そのものです。
もう1つSeven Knotの名前を決めるときに、出たのが”インドラの網”という話でした。
「インドラ網(もう)」とは、インドラ(帝釈天)の宮殿にかかる網のことです。網の結び目にそれぞれに宝珠がついていて、その一つひとつが他の一切の宝珠を映し出すという深遠な世界を示す言葉です。一つの宝珠に宇宙のすべてが収まるというダイナミックな生命観を示しています。中略 「一つの宝珠に宇宙のすべてが収まる」ということを人生観でいえば、〝私はすべての存在によって生かされている〟ということです。すべてが生かされている今に集約される・Seven Knotの名前の由来にぴったりだと思いませんか?
ご縁があって繋がったことなので、結びあってスタートできたらなと思います。

 

 



それではSeven Knot7名の紹介です。

前田侑里(ゆうりちゃん)
高知市在住

 13年前に、人生が180度変わり、自分に繋がり仲間と繋がる事を始めました。
みんなが幸せになる為に自分にできる事は?
したい事は?

そして10年前に、シンフォニアを立ち上げました。ガイアシンフォニーから名前をもらいました。
生きることの喜びをみんなで分かち合う場所として!
色々やってきました!
ドラムサークル(太鼓によるリズムコミュニケーション)マクロの料理教室、心の思いこみを外すetc.、色んなエネルギーワーク、わもん(傾聴)、まなゆい(言霊による受け入れメソット)。。

地球村仲間とキューバに行ったり!
最近は白塗りしてのパフォーマンス「舞踏」にハマってます!
練習中に毎回、存在の美しさを感じて感動!

そして
がむしゃらに進んだこの13年の締めくくりがFTでした!
今、ホッと安心して、休息期間に入りました。。
当分のんびりします。

小さなコミュニティが沢山出来て
それぞれが個性豊かに自給自足をめざし、コミュニティ同士も分かち合い。。世界がひとつの家族に!

楽しく!自由に!先ず自分を大切に!仲間が何より大好き!時には